NLAって?(こんな活動をしています)

ナキワラ!

ナキワラ!とは

「ナキワラ!」は言葉、音楽、その他さまざまな表現方法によって自分の気持ちを伝え、受け止め合うライブイベントです。企画・準備から当日の運営まで、すべて自分たちで作り上げます。

●ナキワラ!は、中高生だけでつくるイベント

ナキワラ!は、出場者はもちろん、ライブを裏で支えるスタッフも中学生・高校生。コンセプトづくりから、実質的な企画、運営、PRまで、それぞれの考えや思いを受け止め合い、話し合いながら、1年をかけて活動し、じっくりつくりあげていく。ナキワラ!は、出場者、スタッフ、客席がひとつになってつくる1年がかりのライブイベントなのだ。
ゼロからつくりあげていくのだから、最初のうちは、みんな本当に手探り。でも、分からないながらも、1年間、真正面から取り組むことによって、そのことがひとりひとりの大きな財産になっていく。ナキワラ!は、そんなすばらしい、中学生・高校生のイベントだ。

●ナキワラ!は、レベルや優劣を競うコンクールではない!

ナキワラ!は、弁論の優劣や音楽やパフォーマンスの技術を問う「コンクール」ではない。思い切って自分自身を表現する、活動を楽しむ、そしてお互いを受け止めあうことを大切にしたイベント、それがナキワラ!なんだ。下手とか、上手いってことより、大切なことは「やりたい!」という気持ち、というわけだ。では、県ライブから全国ライブへの出場者をどうやって選出するのか? それは「たくさん人にきいてほしい」「見て欲しい」「この問題をより多くの人に考えてほしい」、そんな表現を選出の基準にしている。誰かの感性をみんなで共有する、みんなの感性を自分の中に取り入れる。ナキワラ!は感性と感性が響きあうとても自由なイベントだ。

●ナキワラ!で、違う感性を持った多くの人と出会える!

活動は、地域の実行委員会が中心。地域、学校、学年、を越えて、違う感性を持った人と出会い、仲間とともに自分の新しい可能性を見つけていけることもナキワラ!の醍醐味といえる。世の中にはいろんな感性を持った人が本当にたくさんいる!人っておもしろい!そんなことを感じ、お互いを認め合うことで、人生ってさらにおもしろくなっていくものなのだ。ひとりでいたら、絶対気づかなかったこと。自分は感じていたのに、だれも感じていなかったこと。そんなことを、多くの仲間と共有することで、新しい自分になる。ナキワラ!でそんな感動もぜひ味わってほしい。

●ナキワラ!は「NLA全国高校生の主張」と「NLA全国高校生音楽祭」がひとつになったイベント

じつは「ナキワラ!」というイベント名はとても新しく、2004年からのものだ。2003年までは二つのイベントに分かれていた。「NLA全国高校生の主張」と「NLA全国高校生音楽祭」だ。「NLA全国高校生の主張」が始まったのは1978年。
「NLA全国高校生音楽祭」が始まったのはその9年後の1987年だ。そして言葉でも音楽でもない表現方法を「パフォーマンス」部門として音楽祭に加えたのが2002年だ。そして2004年、方法の枠を取り払って、とにかく「表現するステージ」「感じるライブ」にしよう、ここで泣いたり笑ったりしていろんな自分を感じよう、そんな願いを込め新しく「ナキワラ!」として出発したのだ。

Page TOP▲

©2011 NLA All rights reserved.