NLAって?(こんな活動をしています)

ちり愛活動

自分たちの身近なところから始められる収集ボランティア活動として、「ちりもつもれば、愛となる」を合言葉に、2001年にスタッフの発案で始まりました。現在では、自分たちに必要のなくなった衣類品や日用品を換金し、福祉施設への車椅子の贈呈や、「公益財団法人 民際センター」の事業を活用し、発展途上国の教育支援を行っています。

※「公益財団法人 民際センター」は、経済的に貧しく学校に通えない子どもたちに、教育支援を行う国際協力NGOです。

Smile for Smile ~笑顔が繋ぐ、笑顔の連鎖~

第36回の実行委員長たちから生まれた、今年のNLA運動のテーマ「Action!~世界を変える第一歩」。「世界」とは、「自分自身との世界」「友達との世界」「家族との世界」「学校」「部活」「コミュニティ」「地域」など、様々な捉え方が各自で変わると話していた。それぞれの「世界」の中でそれぞれが勇気を持って「一歩を踏み出す」アクションを起していこうと言うメッセージの込められた言葉です。
そして、彼らが「世界」という言葉と向き合っていく中で行き着いた「各国の集まった、この世界」。世界は「紛争」「貧困」などで、自分たちと同じ年齢や小さい子供たちが、学校に行くことも出来ず、毎日を生きるために働いている現実に、何かできないか?と考え始めました。
そんな思いの中、発せられた言葉「笑顔が、笑顔を作れるんじゃない?」「自分が笑顔なら、きっと相手も笑顔になるはず」「笑顔は連鎖していく」。「笑顔だけじゃなくて、何か他にできる事はないか?」の言葉に、それぞれの実行委員長たちは動き出しました。
9月、全国実行委員長のいる北海道で支援ボランティアが行われました。自分たちにとって必要のない衣類や文具、運動用具を集めて換金し、発展途上国への教育支援をする活動です。
この動きに他の実行委員会も賛同し、新たな動きとして活動したいと要望が高まり、NLA運動5worksの「ちり愛」活動の一つとして、第37回より全国で海外の同世代への支援活動、「smile for smile」として、新たな一歩を踏み出しました。

smile for smile

笑顔が繋ぐ、笑顔の連鎖

第36回の実行委員長たちから生まれた、今年のNLA運動のテーマ「Action!~世界を変える第一歩」。「世界」とは、「自分自身との世界」「友達との世界」「家族との世界」「学校」「部活」「コミュニティ」「地域」など、様々な捉え方が各自で変わると話していた。それぞれの「世界」の中でそれぞれが勇気を持って「一歩を踏み出す」アクションを起していこうと言うメッセージの込められた言葉です。
 そして、彼らが「世界」という言葉と向き合っていく中で行き着いた「各国の集まった、この世界」。世界は「紛争」「貧困」などで、自分たちと同じ年齢や小さい子供たちが、学校に行くことも出来ず、毎日を生きるために働いている現実に、何かできないか?と考え始めました。
 そんな思いの中、発せられた言葉「笑顔が、笑顔を作れるんじゃない?」「自分が笑顔なら、きっと相手も笑顔になるはず」「笑顔は連鎖していく」。「笑顔だけじゃなくて、何か他にできる事はないか?」の言葉に、それぞれの実行委員長たちは動き出しました。
 9月、全国実行委員長のいる北海道で支援ボランティアが行われました。自分たちにとって必要のない衣類や文具、運動用具を集めて、換金出来るモノは学校を建てる援助金として、出来ないモノは支援物資として現地の貧困地域に送ると言う活動です。
 この動きに他の実行委員会も賛同し、新たな動きとして活動したいと要望が高まり、NLA運動5worksの「ちり愛」活動の一つとして、第37回より全国で海外の同世代への支援活動、「smile for smile」として、新たな一歩を踏み出します。

Page TOP▲

©2011 NLA All rights reserved.